「し」の資格カテゴリの記事一覧

司法書士

★国家資格★


●司法書士とは
司法書士(しほうしょし)とは、裁判所・検察庁・法務局・地方法務局への提出書類を作成したり、登記・供託手続きの代理をする人のことです。


●司法書士の業務
司法書士法第3条規定の業務
@登記に関する手続や審査請求の代理
A供託に関する手続や審査請求の代理
B裁判所に提出する訴状・答弁書、検察庁に提出する告訴・告発状等の書類作成
C法務局・地方法務局に提出する書類の作成
D上記@〜Cまでの事務についての相談に応じること

簡易裁判所訴訟代理関係業務の認定
法務大臣指定の研修と能力認定を受けた司法書士は、訴額140万円以下の訴訟・調停・和解・民事保全といった手続の代理や事件に関する法律相談ができます。
裁判外紛争解決手続業務として、仲裁や代理、土地の筆界特定手続の代理を行うことができます。

第3条規定の業務でも、他の法律で制限されている業務は行えません。


●司法書士試験
・受験資格 特になし
・試験日程
  筆記試験:7月の第1週日曜日
  口述試験:10月中旬


●司法書士になるには
司法書士になるには、司法書士試験に合格する他に
@裁判所事務官、裁判所書記官、法務事務官、検察事務官として登記・供託・訴訟の事務やこれに準ずる法律的事務に従事した者で、自己の責任において判断する地位に通算して10年以上あったもの
A簡易裁判所判事・副検事としてその職務に従事した期間が通算して5年以上のもの
が、口述や必要に応じ筆記で資格認定を行うことで資格を取得できます。

資格を取得者し、司法書士会の入会と日本司法書士会連合会の司法書士名簿への登録を済ませないと、司法書士としての業務はできません。



★司法書士試験の決定版!H19司法書士試験合格「午前の部:憲民刑商」基礎CD講義★
司法書士試験勉強法-過去問を利用した司法書士学習法12ヶ月
スクール資格集合サイト バリュースタイル

社会保険労務士

★国家資格★

●社会保険労務士とは
提出代行労働・社会保険に関して行政機関に提出する書類を作成したり、その提出を代わってすること。
事務代理申請や、調査・処分に対しての主張・陳述を代理すること。
・労働社会保険諸法令に基づいた、帳簿書類の作成や労務管理を行うこと。
斡旋代理都道府県労働局に設置された紛争調整委員会の斡旋で、当事者に代わり意見の陳述等を行うことや、斡旋委員に斡旋案の提示を求めること。

以上のことを行うための資格、またはその資格を持って職業に携わる人です。


●社会保険労務士の業務
・従業員の入退社に伴う上記事務処理
・在職中の労働災害、通勤災害、私傷病、出産、死亡等に関する申請や給付に関する事務手続き
・労働保険料を算定納付する年度更新
・従業員それぞれの毎月の社会保険料を確定させる算定基礎届
・労働者名簿及び賃金台帳など法定帳簿の調製
・就業規則作成改訂
・給与計算
・賃金や退職金制度構築
・各種助成金の申請
・労務及び安全衛生に関する相談
・指導などのコンサルタント業務
・個人向けの年金、労働相談等
が主な業務です。


●社会保険労務士試験
・受験資格
 ※大卒、又は大学において一般教養科目の単位(62単位以上)を修得済み
 ※短期大学、高等専門学校を卒業した者
 ※修業年限が2年以上、かつ総授業時間数が1,700時間以上の専修学校の専門課程を修了した者
 ※行政書士試験合格など行政書士となる資格を有する者
 などの細かい規定があります。
・試験日程  毎年8月第4日曜日




社労士試験合格力養成講座(メールサポート付)
社会保険労務士試験 必勝合格2006 本試験直前講義 合格者が押さえている論点
セミナービデオ・社会保険労務士・開業準備セミナー
社会保険労務士ホームページ営業のコツ『社労士ホームページ売上200%増マニュアル』

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。